間取りの変更Q&A
 ■ 間取りの変更は自由にできるのですか?

家屋の構造ににより制限をうけたり、場合によっては出来ないリフォームもあります。一概に言えないのですが、一般的な構造でお答えしますので、参考にされて下さい。いずれにしましても、お気軽にご相談ください。

長崎でリフォームの問合せはお気軽にこちらから。

(1)在来工法(一般的な木造住宅)の間取りの変更の場合

木造住宅の中では、法的な規制を守ればある程度、自由なプランでリフォームが可能です。場合により、一部屋を大きくしたり、大きな開口部を設けるときは、補強なども必要になってくるのでその点、検討が必要となります。

長崎でリフォームの問合せはお気軽にこちらから。

(2)2×4工法(輸入住宅など)の間取りの変更の場合

壁で建物を支える構造です。この為、一般的には間取りの変更に制約が多く発生するケースが一般的です。壁を壊して部屋を広げるなどの増改築には制限がある場合もありますので、その点、検討が必要となります。

長崎でリフォームの問合せはお気軽にこちらから。

(3)プレハブ工法(メーカー系住宅など)の間取りの変更の場合

メーカーにより、材質や工法がそれぞれです。一般的には壁(パネル)を合わせた工法の為、開口部を設けたり、壁を取り除いたりのリフォームには制限がでる場合があり、その点、検討が必要となります。

長崎でリフォームの問合せはお気軽にこちらから。

(4)軽量鉄骨の間取りの変更の場合

在来工法でいうところの筋かいと同じ役目をするブレーズが側面に入っている為、壁を取り除いたりのリフォームはやはり制限がある場合があります、その点、検討が必要となります。

長崎でリフォームの問合せはお気軽にこちらから。

(5)鉄筋コンクリート造り/重量鉄骨造り(ラーメン構造、壁式構造)の間取りの変更の場合

柱と梁以外は比較的自由に変更が可能です。場合によってですが、面積が広い住宅で補強のコンクリート壁が設けられているケースでは、その壁自体を取り壊せない場合があり、その点、検討が必要となります。

長崎でリフォームの問合せはお気軽にこちらから。