リフォームQ&A
質問Q&A 
リフォーム全般Q&A 
 



現在の住まいへの不満を書いたチェツクシートを作ることをおすすめします。住まいの不満点を書き出すことで、漠然としたものが整理されて、リフォームする箇所の優先順位や予算配分も具体的になってくることでしょう。また、リフォーム雑誌や書籍・インターネットで情報を収集しましょう。こうしてイメージを伝えやすいように写真など切りとったり、プリントアウトするなどしておくと、打合せもスムーズに進行することが出来ます。
ご相談はこちらから 
 
     
 



ご安心ください。リフォーム依頼を督促したり、頻繁に訪問したりすることはありません。リフォームの場合は、個々の住まいの状況を実際に見させて頂いて確認しないと正確な金額やご提案が出来ないケースもあります。その場合も、事前に了解を頂いた上でご訪問なりの運びとなります。また見積り後、諸般の事情でのお断りも構いません。どうか積極的にご相談なさって下さい。
ご相談はこちらから
 
     
 



一戸建てでもマンションでも住みながらのリフォームは大丈夫です。大がかりなリフォームの場合は、工事中のストレスや工事が長くなり、工事額が上がらない様に基本、仮住まいをお願いしております。但し、部屋毎や1、2階に分けるなどして、工事を進めることが出来ますので、ご安心下さい。水廻りの工事において、数日間キッチンやお風呂が使えなかったりの不便が出てくる場合がございますので、その点、ご了解ください。
ご相談はこちらから 
 
   このページのトップへ  
 



リフォーム内容や建物の状況によって違ってきますので、一概には言えません。あえて目安をあげますと、木造一戸建30坪程度の場合、クロス工事では約一週間程度、ユニットバスの交換で最短5日、システムキッチンの交換で約4日、内装工事や水廻りの設備交換を含む全面改装なら約1ヶ月、間取り交換も含む全面改装なら約1ヶ月半から2ヶ月位はかかるとお考えください。一戸建ての場合、骨組みだけを残しての全面改装でしたら新築よりもやや短い位の工期がかかる場合もあります。またマンション、一戸建ていずれの場合でも解体してみて、問題が見つかることもあり、補修などの為、予定より工期がかかることがあることを頭に入れておかれると良いでしょう。
ご相談はこちらから 
 
     
 



全面改修で新築より高額になる場合もあります。かなり老朽化が進んでいるケースや、地盤や土台、柱に問題がある場合などです。通常は建て替えをおすすめしたいケースではありますが、建て替えとなると取り壊し費や引越し費用、仮住まいの費用、登記の費用など、余分な資金が必要になってきます。予算に限りがある場合や、建物が敷地ぎりぎりに建っている場合など、建築基準法が建築当時と異なっていると規制を受け、建て替えると今より小さい家屋になるなど諸問題も発生するケースもありますので、リフォームをおすすめしております。弊社では、家1棟まるごとリフォームプランなどお得なパック商品もございます。いずれにしましても、お気軽にご相談ください。
ご相談はこちら 
 
     
 



家屋の構造ににより制限をうけたり、場合によっては出来ないリフォームもあります。一概に言えないのですが、一般的な構造でお答えしますので、参考にされて下さい。いずれにしましても、お気軽にご相談ください。

・在来工法(一般的な木造住宅)の場合
木造住宅の中では、法的な規制を守ればある程度、自由なプランでリフォームが可能です。場合により、一部屋を大きくしたり、大きな開口部を設けるときは、補強なども必要になってくるのでその点、検討が必要となります。

・2×4工法(輸入住宅など)の場合
壁で建物を支える構造です。この為、一般的には間取りの変更に制約が多く発生するケースが一般的です。壁を壊して部屋を広げるなどの増改築には制限がある場合もありますので、その点、検討が必要となります。

・プレハブ工法(メーカー系住宅など)の場合
メーカーにより、材質や工法がそれぞれです。一般的には壁(パネル)を合わせた工法の為、開口部を設けたり、壁を取り除いたりのリフォームには制限がでる場合があり、その点、検討が必要となります。

・軽量鉄骨
在来工法でいうところの筋かいと同じ役目をするブレーズが側面に入っている為、壁を取り除いたりのリフォームはやはり制限がある場合があります、その点、検討が必要となります。

・鉄筋コンクリート造り/重量鉄骨造(ラーメン構造、壁式構造)
柱と梁以外は比較的自由に変更が可能です。場合によってですが、面積が広い住宅で補強のコンクリート壁が設けられているケースでは、その壁自体を取り壊せない場合があり、その点、検討が必要となります。
ご相談はこちらから
 
 
   このページのトップへ  
 




内装や外装、住宅設備機器等は、使用材料や環境、使用頻度などによって異なりますが、大まかな目安でお答えします。いずれにしましてもお気軽にご相談ください。

・キッチン、浴室、トイレ、洗面などの住宅設備機器
約15〜20年が取替えの目安と言われています。その場合は、給排水管やガス管などもチェックし、あわせて取替えを行うといいでしょう。

・塗壁、ビニールクロス張替、カーペット、フローリングの張替
約10〜15年が取替えの目安と言われています。

・外壁の塗替え(主に吹付けタイル工法)
約10年が塗替えの目安と言われています。現在は耐久性の高い塗装や重ね貼りができるサイディング等、種類も豊富です。耐久性や予算などを考慮して検討されるといいでしょう。

・屋根の塗替え(葺き替え)
材料により異なりますが約10年から15年が施工の目安と言われています。
ご相談はこちらから
 
     
 



増築する部屋の使用目的だけでなく、外観も考慮して考えてみましょう。建築基準法で規制を受けたり、確認申請が必要となるケースもあります。住宅の地域の指定なども関わってきますので、お気軽にご相談ください。
ご相談はこちらから
 
 
   このページのトップへ  
  お気軽にお問合せください